毎回続けられなくなる。むしろこれは当たり前ではないかと思う。
そのため心がけたいのが、普段の食事の中で、どんなものを食べていくのかが大事になるはず。この些細な事なんですが、長い目で見た時には、結果としてつながってくるはずです。

食べる物だけでなく、外出するときに、どのようなものを体内に吸収させるのか。この部分で大きく変わるはずです。

特に私は職場でハーブティーなどを飲むようにしています。

え?その飲み物はなんの意味があるのかと考えますが、ハーブティーや、あとはレモングラスティーなどを飲むことで、以外にも太りにくい体になることがわかっています。なおかつ気分転換にもつながりますので。

ついつい「ケーキ、クッキー、チョコレート」など、お腹をふくらまかせるような糖分や脂分の多いお菓子が目の前をちらつかせてきます。もちろん、こんな時にオルリスタットを服用すれば、太りづらくなりますが、たくさん食べ過ぎるのは良くありません。なんだかんだ言っても、限度がありますので。

食べることがいけないわけではないのですが、甘いものを無駄食いしないために、私はハーブティーを飲むようにしているわけです。

どうしても感触などで、お菓子などを食べると、無駄食いを繰り返してしまいますので、自分の中での境界線を作っておくこと。この些細な事なんですが、今の自分お腹でどんなことが必要なのかを考えておくこと。これが先の自分にもつながってくれるはずです。
最近では市販のペットボトルで「マテ茶」などが脂肪の吸収を抑えるとして評価が高いそうです。南米で古くから飲まれ、鉄分やカルシウム、ポリフェノール類の仲間のフラボノイドを多く含み、飲むサラダと言われているために、かなり効果が高いと言われています。