食事原料や汗を流してダイエットをする人がいると思いますが、なかなか長期間に渡り継続することが難しいために、ついつい妥協してしまうものです。10代や20代前半ならまだしも、20代中盤から30代に入ると、どうしても消化吸収の問題で、同じような食事の量でも、太りやすくなります。

だからといって食事の量を減らしたり、ダイエットをするのは無理です・・・

そんな時にダイエットピルを利用する人も多いはず。その中で、脂肪を吸収するのがオルリスタットになりますが、その他に、水分を排出する「ラシックス」があります。

ただし、こちらの薬はダイエット薬ではありません。簡単にいえば、むくみを解消する薬です。
オルリスタットは、海外の巨大製薬会社であるロシュ社が開発したダイエット専用の薬ですが、ラシックスはダイエットではなく「むくみ、高血圧、心不全」などに作用する薬です。国内の病院でも処方されています。

どうして、ダイエットと関係するかと言うと、体内にたまっている水分を尿として排出するさようがあり、ふくらはぎや太ももに溜まった水分が抜け、体重原料や体を補足することにつながります。

たとえば、むくみの原因としては体内、とふくらはぎ、顔に水分が溜まりやすいことが原因ですが、この要因としては、普段から塩分を吸収するが関係してきます。そうすることで、体内でナトリウム濃度が高くなり、その影響が腎臓に伝わり体内の水分の流れが悪くなり「むくみ、高血圧、心不全」が起こりやすくなります。

女性の8割以上がむくみを体験していると言われ、長時間にわたり椅子に座った仕事をしたりすることで起こりやすくなります。

むくみに悩んでから、自分なりに解消はするものの、仕事の終わりになると、毎日のように発症するという人は多いはず。

そこで、ラシックスを服用します。、腎臓に溜まっているナトリウム濃度を抑制し、水分を尿として大量に排出することで、体重の減量、つまりダイエット効果につながるわけですね。
直接的にダイエット効果があるわけではないのですが、もしむくみなどに悩んでいる人がいたら、ラシックスなどの専用の医薬品を利用することも一つの手段です。