オルリスタットの副作用として、私が感じたのが下痢です。下痢と聞くとすごく悪いイメージが有りますが、確かに良いことではありませんが、ただ、これがオルリスタットの高価でもあり副作用でも有ります。脂肪が体内に吸収されずに体外に排出されている証になるために、決して悪いことではないわけです。そして、下痢が起こっているということは、作用が現れているために、継続していれば、それだけの効き目が現れてくるはず。

しかし、あくまでもオルリスタットは、脂肪分を30%下っとすることがメインであり、服用すれば自然と体重が減るというわけではありません。

ただ、サプリメントを併用させることで、効果が強くなるという話を聞きます。オルリスタットと同じように、医薬品肥満を克服する活性酸素から細胞を守ることが必要です。よく言われているのがメラトニンの摂取が勧められています。

メラニンは脳内の一部の細胞に関連することで、酸化を防ぐだけでなく、コレステロール値を下げます。その他にも、睡眠や精神にも大きく関係し、ガン細胞の増殖をゆるめるなど、健康面にも目が話せないような役割があります。

メラニンの他にポリフェノールもおすすめです。抗酸化物質として、ポリフェへの―ルは植物に多く含まれる有酸化合物で、赤ワインや緑茶、紅茶などに含まれていますね。

その他には、DHEAの摂取もオルリスタットと同じで肥満治療に効果があります。

あくまでも、サプリメントを服用することでオルリスタットの効果を高めるわけではありません。他の部分で効き目があることで、体重の減量や維持に繋がるという考えが望ましくなります。