副作用とまでは言いませんが、オルリスタットを服用することで、胃や腎臓でリパーゼの作用をよくせうするために、どうしてもビタミンの不足が高まると言われています。毎日のように計画的な栄養補給をしていればさほど考えなくてもいかもしれませんが、ビタミン不足になると、ダイエットどころではなくなってしまいます。

必要なビタミンとしては、「ビタミンA、ビタミンD、ビタミンE」などの脂容性ビタミンです。

そのために、ダイエットだけでなく体のことを考えるなら普段から吸収したいところです。

 

ビタミンA

ビタミンAは動物性食品に含まれるもので、レチノールなどと緑黄色野菜に含まれる色素の一種です。体内に入ってからビタミンAとなるβ-カロチンの2種類があります。動物性の歯肝臓に多く含まれており、特に多いのがアンコウの肝ですね。

ビタミンD

それからビタミンDも大切です。ビタミンDは食品で摂ることも大切ですが、太陽の日差しを浴びながらウォーキン部をしてもビタミンDが高まると言われています。脂肪燃焼にも繋がるためにおすすめかと思いますが、ただ、太陽の日差しを浴びながら歩いていると、紫外線の影響もあります。

そこまでする必要はないでしょ?と考えているなら、食品で摂ること。さかなや野菜などにたくさん含まれているために、計画的に吸収したいところです。

 

ビタミンE

ビタミンEといえば、脂溶性ビタミンの1つです。強い抗酸化作用を持っているために、老化や体内の栄養を高めるためには必要不可欠。なおかつ、若返り、持続させるために必要とされていますね。

細胞の老化を防ぎ、悪玉コレステロールを退治してくれる。

ビタミンEが含まれている食品としては、ビタミンDと同じくさかなや緑黄色野菜が比較的多いです。

できるだけ生で食べるほどビタミンEが高いことがわかっています。毎日のようにしっかりとした食事をとることで、酸化防止剤にもつながります。

 

ビタミン類は、体の生命維持活動そのものに必要なもの、健康のためにも、毎日取るようにしましょう。