服用方法についてですが、そこまで難しく考える必要はないと思います。

ただし、服用する人がどのような考えのもとでオルリスタットを利用するのかで変わると思います。

たとえば、「その一食だけカロリーを抑えたい!!」と考えて服用する人がいると思います。飲み会の席やストレス解消でガッツリと食べたい時など。そんな時にオルリスタットを利用する人がいますが、今回は毎日服用する人に説明をしたいと思います。
薬の服用には「食前、食後、食間、頓服(一日に何回ときめず)」など、薬によってそれぞれの決められた服用するタイミングが有りますが、オルリスタットの場合は食事中や食事後が勧められています。

それから、服用するときは水か白湯と一緒に服用するのがポイント。あくまでも水や白湯と一緒に薬を服用することは飲みやすいからではなく、薬の効果を最大限に高めるためです。

特に白湯の場合は、体内と同じか少し暖かい水分なので、薬と一緒に服用することで、胃の中で水に溶け、吸収されやすい。つまり、最大限の効果を発揮してくれるわけです。
お茶やコーヒーと一緒に服用すると、カフェインが含まれているために、オルリスタットとの関係で効果が薄くなったり、副作用が起こる可能性があります。

ほんの少しのことなんですが、効果や体のことを考えると、水や白湯と一緒に服用することをおすすめします。
それから、服用する回数についてですが、私は、1日に2カプセル、昼と夜に服用しています。(基本は食事の時に服用すること)

というのも、朝は「ご飯とみそ汁と納豆」ぐらいしか食べないので、オルリスタットを服用する必要は無いと考えています。食品にあまり脂肪が含まれていないのなら、服用する必要はないと思います。
食事に含まれる「脂肪分」に対してオルリスタットは効果を発揮してくれるので、
脂肪分の少ない食事設定だったら、オルリスタットは必要ない。

1日3回の服用が基本で、食べるもので「服用する?しない?」を見極めるのも大切。

あと、効果を高めるためにために、1度に1カプセル以上を服用しないようにしてください。
決められた摂取以上服用しても、効果は変わりありませんし、逆に副作用の一つである「胃のもたれ」などの悩みも増えてしまいます。

「既定の摂取量」と「食事に脂肪分が含まれる」時に使うようにしましょう。